離婚の弁護士費用について頭に入れておくこと

離婚に関わる費用は弁護士費用を中心に計算しましょう

hanasiai450ホームページを調べたところ、 離婚調停を弁護士に依頼したケースの弁護士費用の全国水準は約60万円でした。
ですが離婚のケースではこれ以外に、財産分与、慰謝料、養育費などが存在するのかしないのかによって、 別料金で着手金や報酬金がもたらされることがありますので、それについても注意して弁護士を決めましょう。

離婚の弁護士費用の内訳

常識的には弁護士コストは、 それ自体の弁護士コストと慰謝料、財産分与などの弁護士コストになります。
1つの例として、着手金が50万円、報酬金が50万円、トータルすると100万円だとそのものずばりの弁護士費用です。
こちらで1000万円の慰謝料・財産分与がもらえたのであれば、その分だけ着手金、報酬金が追加されます。

離婚の費用計算の考え方

現時点での多数派は、着手金は求められず、取得額に対して報酬金が10%〜20%といったものになります。
具体的に言えば、報酬金が貰えた額の10%だったというようなケースでは うまく行き、財産分与として1000万円が貰えたとして、それに見合うだけの報酬金は1000万円×10%で100万円だということですので、 そのものズバリの弁護士コストとしては、開始するにあたり支払うことになる着手金が50万円。
結果として支払う報酬金は実現できたケースでの報酬金50万円と財産分与の報酬金100万円の、 合計150万円となるはずです。
こういったように弁護士コストは2重になるのが通例です。
そのようなため、思った通りに話が進み離婚調停を済ませた後に大きい金額の弁護士報酬金の請求がきたとされる内容は、意外とよくお聞きします。
そのためその際、弁護士費用の算出も2重でややこしくなることを意識し、弁護士を選択すると良いでしょう。

離婚は裁判沙汰になることも視野に入れて考えましょう

結婚する事はいつの日にか離婚に至ってしまう可能性もあるので、そこだけはちゃんと覚えておいた方が良いです。
何故なら日本では離婚する人達の割合が世界的に見ても多い方と言われているからです。
近年は、実際に離婚率の上昇が数字として現れています。
これから結婚を考えている男女がいるならば、結婚後の事を少しでも頭の中に入れるべきです。
しかし結婚前からそういう事を深くまで掘り下げる必要はないので、あまり意識し過ぎないように、ただ知識としてだけでも押さえておくのが良いでしょう。
弁護士への相談と費用はいざというときのために確認しておくだけで大丈夫です。